イベント

Netz Cup Vitz Race

Netz Cup Vitz Raceイメージ

Netz Cup Vitz Race 2019 第2戦に参戦!

学生たちがメカニックとして参加!無事、完走することができました!!

ピット整備や燃料給油などで学生たちが活躍。

20周年を迎える「Net Cup Vitz Race」。YIC京都の学生はメカニックとして、今年も「Team Blood Sports」をサポートしました。このレースに出場する車両は、すべて「TOYOTA Vitz」です。鈴鹿サーキットでの第2戦と岡山国際サーキットでの第4戦に参戦し、学生がピット整備や燃料給油などで活躍。無事完走することができました。Vitzレースをステップにスーパー耐久レースにも参戦し、多くのことを学びました。

Vitz Race特集 感動と興奮を動画でもチェック!

技術コンクール指導実習(校内技術大会)

技術コンクール指導実習(校内技術大会)イメージ

身につけた技術の成果を競い校内No.1を決める!

多くの企業の採用担当やエンジニアの方々が見守る中、白熱した競技を繰り広げました。

一級自動車整備科の4年生と3年生がチームを組み、整備技術と知識を競い合う!

一級自動車整備科の学生が参加する校内コンクール。4年生がリーダーを務める3・4年生の混成チームで、筆記試験、愛車半年点検、単体測定、納車時作業説明の4つのセクションで得点を争います。決勝大会に進めるのは、前日の予選で勝ち残った2チームだけです。来校していただいた多くの自動車ディーラー企業の採用担当者やエンジニアの方々も見守る中、真剣な表情で競技に取り組む学生。最後の表彰式では、団体と個人の2つの部で上位入賞のチームや学生の健闘を讃えました。


個人の部優勝 河村さん

団体の部優勝 【6班】猪内さん・中林さん・島津さん

競技の様子を動画でもチェック!

二輪自動車整備科 2019年鈴鹿8耐参戦!

2019年YIC京都鈴鹿8耐

今年も学生がピットクルーとして参加!好タイムで昨年に引き続き完走!!

重要な任務を任され、ピット作業を猛練習する学生たち。

鈴鹿8時間耐久ロードレースは、国内有数のビッグレース。今年も二輪自動車整備科から6名の学生が「山科カワサキ KEN RACING」チームのピットクルーに加わることができました。放課後にピットワークトレーニングを積み、公開合同テストや予選、走行練習が行われる8耐ウィークに参加。早速、スロットルの交換やサインボードの出し方、タイムの計測や記録の仕方などを教えてもらう学生たち。走行の合間には、実際の現場でガソリンの消費量やタイヤ交換、走行後のタイヤの空気圧チェックなどをライダーから指導していただきました。

いよいよレース本番。28位の順位でラスト1周へ。

予選を42位で通過し、いよいよ迎えたレース当日。台風で前日まで降り続けた雨も上がり、晴天のグッドコンディションのコースとなりました。今回、チームはカラーリングも鮮やかな新型車両を導入して、例年以上に気合いが入ります。11時半に伝統のル・マン式でレースがスタート。レース中、1時間ごとにタイヤ、燃料給油、ライダー交代をしながら周回を重ねます。チームの車両は順調に順位を上げ、28位で最後の1周を迎えました。もうすぐ開始から8時間。ピットの全員でチェッカーを待ちます。

前方のアクシデントを乗り越え、好タイムで見事25位で完走できました。

ところが、レースの終了5分前というところで、トップグループの車両がエンジンブローし、転倒。コース上ではレース中断の赤旗が振られ、そのままレース終了という流れになってしまいました。それでもチームは完走を果たし、完走認定を受けたチームの表彰式で、たくさんの8耐ファンから声援をいただくことができました。またKAWASAKIマシンを駆る日本国内のプライベートチームの中で、トップのタイムだったそうです。学生たちは、笑顔と感動、充実感でいっぱいのフィナーレを迎えました。

鈴鹿8耐特集 感動と興奮を動画でもチェック!

その他の行事

学内合同企業説明会

学内合同企業説明会
各業界の有力企業の採用担当者が来校!たくさんのYIC京都の先輩が活躍する優良企業との出会いの場です。

体育大会

体育大会
毎年、京都の専門学校生が集まる体育大会に出場しています。得意な球技のチームに入り、優勝を目指そう!

ほりかわ祭(学園祭)

ほりかわ祭(学園祭)
学校中が盛り上がる「ほりかわ祭」。ユニークなイベントや模擬店のほか、実習で製作した車両の展示なども!

インターンシップ

インターンシップ
希望する企業や現場で、実際に整備などの業務を体験!社会人としてのマナーを身につける良い機会です。

卒業式

卒業式
YIC京都で身につけた技術や知識を武器に、プロとして巣立つ門出の日。社会での活躍を楽しみにしています。

関連リンク