情報が入らない。

ピット内では損傷した車両を受け入れる準備に取り掛かりました。
映像から損傷した箇所を見て、交換が必要となるカウルや燃料タンクなどの 部品をTカーから取り外し準備する指示が学生クルーに出されました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピットには中々情報が入らない中、とりあえずメディカルセンターからライダーは無事との連絡があったようす。
転倒から30分を過ぎても状況が掴めない中、
13:56。ピットの手前にトラックに積まれたチーム車両が戻ってきた。

 

 

 

縦に回転したように大きく損傷した車両。
ピットに運び修繕作業にかかる。