山科カワサキKEN RACING様来校!

皆さん、こんにちは 
放課後、昨年のチーム監督の江島様と山科カワサキKEN RACING チームオーナー吉川様、チームライダーの松本選手と水澤選手が来校されました。
 

 

チームサポートに参加する学生一人ひとりからご挨拶させていただき、オーナーの吉川様から山科カワサキKEN RACINGのご紹介をいただきました。

 

実習場にはチームマシンのKawasaki Ninja ZX-10Rが搬入され、学生たちは初顔合わせに緊張しながらもバイクを囲み大興奮。

 

昨日も走行調整しておられたようで、フロントサスも現場で交換したなど、Kawasakiのレース車両をじっくり見ながら、いろいろと車両の構造やレース仕様の変更点などについてご説明いただきました。

 

デジタルインジェクションや電子スロットルなどの装備や純正でブレンボのブレーキやチタン製エキゾーストが奢られるなど、HONDAのマシンとの違いも紹介されました。

 

車両価格も伺うとビックリするようなお値段ですw。
さすがスーパーバイク世界選手権(WSB)チャンピオンに輝いたマシン。ノーマル車でもかなりポテンシャルの高いマシンのようです。

お話の最後に 山科カワサキKEN RACINGの皆様にピットワークの練習の様子をご覧いただくことになりました。

 

ポジションを確認し、タイヤ交換、給油の作業に号令と掛け声とともにスタート

 

作業中の学生らを見るチームの皆さんの真剣な眼差し。
作業をご覧いただいた後、感想をいただき、オーナー様からは「何が起こるかわからない耐久レース。丁寧かつ確実な作業を心がけましょう」とアドバイスをいただきました。

 

学生の質問に丁寧にお話いただくオーナー様もバイクについてお話される時にはちょっと笑顔がこぼれていました。

 

 

山科カワサキKEN RACINGの皆様、本日はお忙しい中、ご指導いただき誠にありがとうございました。

最後に江島様からチームに参加する心構えやもっとバイクレースのことに興味を持ち、8耐で同じKawasakiのマシンで参戦するチームについて調べたりするなど、レース業界に興味も持ってサーキットに来てほしいとアドバイスをいただきました。

 


 

来週、いよいよ公開合同テストが行われます。
皆さん、応援よろしくお願いいたします。