マシントラブルを乗り越えて

15:00を過ぎたあたりで順位は27位まで上がっていましたが、なんとマシントラブルが発生。
マシンのパワーが上がらず、緊急ピットイン
メカニックが総出でマシンチェックを行います。

ピットレーンでは車両にはライダー、メカニックは4人までしか触れることはできませんが
ピット内で修復作業に当たる場合はその制限もありません。 

 

 

15:52。走行不良の原因はマフラーの損傷でした。
損傷が大きいため、Tカーからマフラーを外して、メイン車両に換装してコースに復帰。

順位は27位から後退して42位へ。
山崎選手、現在41位。

 

選手もチームスタッフ、学生スタッフ一丸となって完走を目指します。
夕刻、ライトオン!夜間走行になりました。
残り1時間、ライダーの必死の走りはテレビモニターを通じても感じます。
頑張れ69!