イベント

YICだからできる自動車編 一級自動車整備科 プロの整備士との真剣勝負 京都府自動車整備技能競技大会

(社)京都府自動車整備振興会主催で行われた、自動車整備士の技能を競う大会。プロの整備士と一緒に一級自動車整備科の学生がトライ、自分たちの実力を確認しました。

第10回目となるこの大会には、京都府下の各地域の大会を勝ち抜いた8チームが参加。YICからは一級自動車整備科の2人の学生が出場。自動車の1年定期点検、不具合箇所の発見と修理、接客などの技術で、正確さと的確さを競いました。ヒアリングの後、4つあるすべての故障を発見することができました。プロの整備士に混じって競技に参加することで自分たちの実力を認識し、刺激を受ける良い機会になりました。

pr02

技術コンクール指導実習で磨いた実力を試そうと、出場を決めた一級自動車整備科の足立有基さんと細木直輝さん。2人1組で、力を合わせてさまざまな問題に取り組みました。点検結果を整備記録簿に正しく記入できているか、電子制御に関して理解できているかが審査されます。

pr03

競技車両のマツダデミオを前に、1年定期点検整備をベースとした競技や、エンジンが始動しない車の診断、不具合箇所の発見などを競います。

pr04

自動車整備技能登録問題をベースにした学科試験や、接客や納車時の説明などの技術を問われるアドバイザー競技もあり、懸命に取り組んでいました。

Y-1グランプリ 技術No.1を決める!技術コンクール指導実習(校内技術大会)
身につけた技術の成果を競う

一級自動車整備科の3・4年生がチームを組んで競技に参加する校内技術大会。決勝には多くの自動車ディーラーの方々にもお越しいただき、気合いの入った大会になりました。

4年生をリーダーとする3・4年生の混合チームで「筆記試験」「愛車半年点検」「単体測定」「納車時作業説明」の4つのセクションで得点を競います。2日間の予選後、決勝に進めるのは4チームのみ。学年を超えて絆と技術を深める機会になりました。

技術コンクール指導実習
技術コンクール指導実習
技術コンクール指導実習

関連リンク