海外研修へ行ってきました!⑥ 

モデナで昼食後、エンツォ・フェラーリの生家

まだまだ名残惜しいですが、「腹が減っては戦はできぬ」という事で?

サンタアガタから西へ約30分のモデナに向います

バスの車窓に目を向けるとランボルギーニのミュージアムと

工場の周りは緑美しい農場が広がっていました

ランボルギーニはトラクター(農耕機械)製造会社のオーナー

フェルッチオ・ランボルギーニが設立した事で有名な事を思い出させます

ミュージアムで聞いた話ですが、ランボルギーニは新車の完成テストは一般道で行っているとの事。

ランボルギーニのコックピット(運転席)からはどんな風に見えるのだろうと考えながら眺めていました

モデナでバスを降りた後、乗用車がすれ違うのがギリギリな幅の小道を通り案内されたトラットリア

まさに穴場のレストランという感じ

どんな料理が出てくるのか、皆わくわく

お店の雰囲気・店員さん・料理の味、全てが最高で写真を撮るのを忘れてしまいました

イタリアの食事は日本人の口に合うとは聞いていましたが、今回の研修でそれを実感しました

海外旅行をお考えの皆さんイタリアおすすめです

昼食後はフリータイムです

学生達はそれぞれグループに分かれて市内観光に行ったり、お土産を買いに行ったり

私はひとりの学生と共にエンツォ・フェラーリの生家へ行く事にしました

 今回は少しボリュームを抑えて。エンツォ・フェラーリの生家の話は次回UPしますね