オープンキャンパス 資料請求

海外研修へ行ってきました!⑤(ランボルギーニ編 その2)

H28年度海外研修イタリア!のブログ、前回に引き続きランボルギーニ編をお送りします

 製造工場ではアヴェンタドールの後継車でV12エンジンシリーズ

「LP700 ムルシエラゴ」やガヤルドの流れを汲むV10エンジンの

「LP610 ウラカン」の製造工程を一つ一つ詳しく説明を受ける事が出来ました

学生達も最後まで真剣な眼差しで聴いて・見学していました

そんな工場見学の後はレーシングカーブース

レースの表彰式で使用するポディウム(表彰台)があったので近くにいた学生に登って貰い記念写真

足元が写っていません??何故?

何の写真か解りませんね協力してくれた二人ゴメン

ランボルギーニはエンジン・サプライヤーとして長年F1に参戦してきました

代表的なものを選んで観察

エンジンコーナーだけでも1~2時間は過ごせそうな勢いでした

そんなエンジンを搭載したF1マシン

このキャメル・カラーは往年のF1ファンの皆さんは懐かしいのではないでしょうか?

日本人で初めてのF1パイロット(ドライバー)としてシリーズ参戦した

中嶋悟氏が乗っていた事で日本でも有名になったカラーリングですね

ロータスについて少し当時の記憶を辿りますと…

中嶋悟氏がF1デビューしたのが1987年ロータス・ホンダ99T

ファーストドライバーはアイルトン・セナ

翌年の88年にはロータス・ホンダ100Tとして、

前年のワールドチャンピオンであるネルソン・ピケと中嶋悟がドライブしていました

89年にはターボエンジンが禁止となった為にジャッド3.5Lエンジンを積んで参戦

この年に中嶋悟が日本人としてファステストラップ(日本人歴代唯一!)を記録しました

その二人に代わって1990年からロータスをドライブしたのがディレック・ワーウィックとマーティン・ドネリー

この年のロータス102に搭載されていたのがランボルギーニ製のV12エンジンでした。

ロータスとしてV12エンジンを搭載したのはランボルギーニ・エンジンの時だけですので

希少なマシンを見る事が出来て感激

カー№12はドライバーはマーティン・ドネリー(シリーズラスト2戦はジョニー・ハーバート)が乗っていたマシンです。

・・・・興奮して沢山書き過ぎましたね。スミマセン

こちらは1991年にF1で使用されていたマシン

モデナ・ランボルギーニ!

メキシコ初のF1チームとして参戦しようとしたチーム・グラスをランボルギーニが支援。

エントリー完了後にグラスの関係者が資金を持ち逃げした為に

本拠地をイタリアのモデナに移してモデナ・ランボルギーニとして参戦する事に

斜めになったサイド・ポンツーンが注目を集めました

ドライバーはニコラ・ラリーニとエリック・ヴァン・デ・ポール

エンジンはパワフルなもののシャシの成熟度からレースでは苦戦していた記憶があります

少し長い文章を書き過ぎましたので、ここからは自動車の画像を並べておきます

新旧取り混ぜて!!

(それぞれの車の説明はイタリア研修のブログが一段落したら

「イタリア研修 番外編」としてUPしますので、楽しみに待っていて下さい!)

まだまだ心残りではありますが、ランボルギーニを後にしてモデナへ移動し昼食です!

学校名 専門学校YIC京都工科大学校
住所 〒600-8236 京都府京都市下京区油小路通塩小路下る西油小路町27番地
TEL 075-371-4040
URL http://www.yic-kyoto-technical.ac.jp/

YIC京都独自の学費サポート

再進学を考えている方へ YICサポート制度
日本学生支援機構 奨学金制度
国の教育ローン 日本政策金融公庫

YIC京都で利用できる教育ローン

Orico Webで安心・便利なお支払いプラン 学費サポートプラン
JACCS 分割クレジット WeBBy ご案内ページはこちらをクリック!
三井住友フィナンシャルグループ セディナ学費ローン お申込みはこちら
Twitter Facebook LINE@ YouTube 外国人留学生はこちら
     
Twitter Facebook LINE@
 
YouTube 外国人留学生はこちら  

MENU